> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中
応援よろしくお願いします!
無料SEO対策・アクセスアップ

人気ブログランキングへ【トレミー】人気ブログランキング

blogram投票ボタンbnr.gif
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

>   格闘技ネタ

私的ハングリー対策? 

把瑠都の大関昇進が決まりましたね。

外国人史上8人目ということで、「あれっ、そんなもん?」と思い、頭を廻らせると…

小錦、曙、武蔵丸、朝青龍、白鵬、琴欧州、日馬冨士…で合ってますよね?

どうよ、この横綱昇進率の高さは?

琴欧州と日馬冨士はまだ全盛期が過ぎていない可能性があることを考えると、横綱になれずに衰退したのは小錦だけですよ。

小錦の時代は千代の富士に北勝海、旭富士やらスイーツ親方(大乃国)ら日本人横綱が強かったですからね。(双羽黒も?w)

大関に霧島とか若島津なんかもいたかな?

朝青龍が引退した現在、恐らく5年のうちに新横綱が誕生するでしょう。(5年てwだいぶ守りの予想ですが)

しかし先ほど挙げた琴欧州や日馬冨士、そして今回の把瑠都はともかく

日本人にその可能性すら見出だせないのが悲しい。

誰がどう見ても魁皇や琴光喜の全盛期がこれから来るとは思えませんからね。

よく言われる日本人力士にはハングリーさが無いというのが本当なら、給与体系を見直すべきではないでしょうか。

ボクサーは世界王者にならないとまともに食っていけないと言います。(長谷川や内藤、亀田の様な知名度が無いと王者でもキツいのかも)

彼らは大抵の場合、ハングリーと言われる外国人を相手に世界を獲っています。

それに比べると大相撲は給料制ですし、関取になっちゃえばある程度安定する。

それは外国人も同じですが、彼らの目的は自身の安定より、その先にある母国の家族への恩返し等にあることが多い為、ちっぽけな安住に満足しないのでしょう。


だいぶ偏見で書いてきましたが、当たらずも遠からずなのではと勝手に思っています。



応援クリックして頂けると幸いです。
人気ブログランキングへ
-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------
ランキング参加中
応援よろしくお願いします!
無料SEO対策・アクセスアップ

人気ブログランキングへ【トレミー】人気ブログランキング

blogram投票ボタンbnr.gif
  • 2010.03.31 12:15 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

comment

trackback

この記事のトラックバックURL

http://stefan9999.blog46.fc2.com/tb.php/955-ba4380fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。