> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中
応援よろしくお願いします!
無料SEO対策・アクセスアップ

人気ブログランキングへ【トレミー】人気ブログランキング

blogram投票ボタンbnr.gif
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

>   格闘技ネタ

Dynamite!! 雑感 

大晦日はガキの使いの「笑ってはいけないホテルマン24時」で
年を越したので、HDDに録画していたDynamiteは今、見終わりました。

ひとつひとつ思ったことを書き綴ります。
例によって左側が勝者です。


ミノワマンvsソクジュ

ちょっと膠着が酷かったですね。
個人的にはミノワマンがかなり好きなのでKO勝ちは嬉しいですが、
ソクジュが本調子じゃ無かったのは明らかでしたね。

ソクジュが消極的だったが故に、カウンターで足を獲ってテイクダウンという
ミノワマンのファイトプランが崩れ、ミノワマン自身も戸惑っていたのでは
ないでしょうか。

自分から行くというプランは持っていなかったんでしょうね。
逆にソクジュが若干じれたと言うか、それでスキが生まれたので
結局はカウンターでしたね。


野杁正明vsHIROYA

もともとHIROYAくんの強さっていうのをあまり感じていないです。
確かに体格など、年齢離れしたところが見えますが、同世代を相手にして
圧倒するほどの強さが見えない現状で将来チャンピオンになれる気がしないです。

今回の1、3Rのヒザ、腰が落ちたシーンも打撃を含めたものなので
ダウンでもおかしくなかったと思います。

さすがに露骨にHIROYA贔屓に見えるK-1甲子園も、あそこまで
ガッツリ負けてると贔屓もしきれなかったですね。

ただ、若干贔屓がある(様に見える)にしても、明確に勝てば
贔屓しようが無いという意味で野杁くんがアッパレですね。


嶋田翔太vs石田勝希

点差の示す通り(30-29が2人、29-29が1人)大差が無い試合でしたね。

K-1甲子園でKOって見た記憶が無いのですが、高校生たちが
打たれ強いのかパワー不足なのか、技術不足なのか。
おそらく後者の2つでしょうね。

打ち合っている割にどっちもこれといったポイントも無かったですね。


小見川道大vs高谷裕之

私が見る限り、小見川が圧倒してましたね。

試合結果に至る部分だけではなく、スタンドの攻防が
小見川だけが当てている状態に見えました。

高谷選手はDREAMフェザー級GPで王者級の試合を見せていましたが
この日はパンチを全く当てさせてもらえなかったですね。


郷野聡寛vs桜井マッハ速人

1ラウンド放送ありました?

須藤元気は「一般視聴者にこの凄さが伝わらないのが勿体ない」と
嘆いていましたが、郷野がスゴかったのは伝わりましたね。

マッハはスタンドでラチがあかないとばかりに引き込んだ
グランドの攻防でしたが、攻防以前に引き込んだ直後に
パスガードされ何もできなかったですね。


野杁正明vs嶋田翔太

野杁くんが素晴らしい。
フック、アッパー、あらゆる角度からあらゆる体勢から当てるのが上手い。
そして時折、伸びるノーモーションの右ストレート。

で、相手のパンチはもらわないディフェンス。
そして異様なまでの冷静さ。

センの細さは高校1年であることから改善は大いに期待できるでしょう。
順調に成長して欲しいですね。
あとあのアゴの細さは気になります。鍛えて何とかなるものなのかな?


泉浩vs柴田勝頼

柴田はだいぶ印象が変わりましたね。
良くも悪くも総合格闘家になっていってる感じがしました。
雑誌で見た気がするのですが桜庭と練習してるんですよね。
成果は出ている様に思います。

ただ全部後傾姿勢で腰が入ってないんですよね。
相手がルーキーに近い相手なのでリスクを避けたかったのでしょうか。

逆にルーキーに近い泉が相手だからこそ考えるスキを与えない
狂犬ぶりを見せた方が良かった気がします。

ヒザに対する対応などを見ても泉は咄嗟の打撃の反応に
まだ難がある様に見えたので。


金原正徳vs山本KID徳郁

KID選手良かったですね。
解説者が「ムエタイスタイルに戻しましたね」と言っていましたが
私には細かいことはわかりませんw
しかし見た瞬間「軽快だな」と思いました。
ここ2戦のKIDには抱かなかった印象でした。

ただ2Rに一発もらってからは完全に金原の距離でしたね。
KIDが押せば金原が引く、という状態はおろか押すことも
ままならない感じでした。

さすが戦極王者って思ってた矢先に3R終了間際、
左をもらいましたが油断でしょうか。

あそこでフロントチョーク気味にカッチリ入っていたので
そのままの攻防に持ち込みたかったですが、
ロープ外に飛びこまれてブレイクになったのが痛かったですね。


所英男vsキム・ジョンマン

所の試合は面白いですね。攻勢でもまるで安心できないです(苦笑)

いっつも腕十字に持って行きますがツメが甘いですね。
いつもあとは腕を伸ばすだけってところで相手と引っ張り合いっこ
している印象です。

動き速いのになぁ。むしろ動きの速さよりも
グレイシーの様に確実に腕を取れる体勢をつくる動きが重要な気がします。


吉田秀彦vs石井慧

やはり経験不足は如何ともし難かったですね。
吉田の右ストレートの様な踏み込みからの打ちおろし気味フックが
見えてなかったですね。

しかし吉田は柔道出身ながら打撃に応戦して驚かしてくれましたからね。
石井もデビューとは言え闘争心を見せて欲しかったです。

ただ吉田の衰えは相当でしたね。特に激しい攻防があった訳でもなく
2R中盤にはスタミナ切れの兆候が見えてました。

逆に1Rにダウンもありえるかと思うほどのダメージを受けた石井が
息を吹き返す展開に、吉田の引退もやむなしの印象を受けました。

石井の今後に目を向けるとスタミナの豊富さはうかがえましたが、
これといった攻め手も見えませんでしたし、スタミナに難のある吉田に
スタミナ勝負で勝っても仕方が無いと言うか…。

1Rの吉田に対応できなければ今後、上を見据えることは難しいのでは
ないでしょうか。


魔裟斗vsアンディ・サワー

良い試合でしたね。

サワーにとっては何のメリットも無い試合でかわいそうな気がしていましたが
サワーもしっかり勝ちにきていて。

ただ、ダウンのシーンは立場が逆だったらスリップにしてた可能性はありますね。
ジャッジ、レフェリーは第3国の人を使うべきだと思います。

しかしそれらを差し引いても魔裟斗はやはりスゴイ。
何よりアグレッシブで(最後はKO狙いより逃げ切り狙いが見えましたが)手数が出る。
日本人で彼を継ぐ者は今なおいないことを印象づけられました。


メルヴィン・マヌーフvs三崎和雄

ちょっと試合時間が短くて何とも言えませんが、三崎はちょっと距離が
近いかな~って感じはありました。

まぁでも最初に入った左フックが全てではないでしょうか。


アリスター・オーフレイムvs藤田和之

藤田ってあんなに小さかったですかね?
身長じゃなくてカラダそのものが。

アリスターと比較したからですかね。
それにしても衰えてる気がします。
筋肉の張りとかも感じませんでした。


青木真也vs廣田瑞人

この試合が何でこんな扱いなんだ!?

でも青木強すぎ!

しかし如何にタイトルマッチを消されたからって、「自分の方が強い」って
挑発されたからって、あの態度はファンを失う気が…。


あと川尻の試合は??
魔裟斗との過去の試合はありましたが…。

K-1元王者同士の試合より、現役団体王者の頂上決戦の方が絶対
意味があると思うんですけどね…。

なんとも悲しい扱いです。



格闘家顔負け!?男を磨こう!!
ハイブランドサングラス PANDAmic-SUNGLASS
「PANDAmic-SUNGLASS」
ハイブランドサングラス通販の専門店です!
男性下着、メンズ下着の通販はベホイミ
男性下着店「ベホイミ」
普段使いからセクシー路線まで幅広いジャンルのメンズ下着を取り揃えました!
良かったらクリックして頂けると幸いです。
人気ブログランキングへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い ランキング参加中
応援よろしくお願いします!
無料SEO対策・アクセスアップ

人気ブログランキングへ【トレミー】人気ブログランキング

blogram投票ボタンbnr.gif
  • 2010.01.01 06:36 
  • Comment : (4) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

comment

Re: Re: 打撃に応戦

> 打撃に応戦さん
 いえいえ、再度訪問いただけて嬉しいです。

 正直申し上げると(日記の内容ですでにお気づきかもしれませんが)、
 人に語れる程の詳しさを持ち合わせていません。

 しかし素人が感じることも1つの目線であることは事実です。
 強いご指摘を受けることは精神的に辛いことは間違いありませんが、
 逆に指摘を受けた分、詳しくなれるとも思います。

 なので私としては「アホが、知ったかしやがって」と放置されるより
 私の無知ぶりに懲りずに再度訪問していただけたことが嬉しいです。

 格闘技は地上波がある大きなものしか見れませんが、
 また書くことがあればよろしくお願いします。
  • 2010.01.03 17:02
  • URL |
  • ステファノ |
  • edit |

Re: 打撃に応戦

はじめての訪問で、ややキツメの書き方をしたもので、どうだろうかとも思いましたが、それにも関わらず、ご丁重なレスをありがとうございます。
これからもがんばって下さい。

  • 2010.01.03 16:43
  • URL |
  • 打撃に応戦 |
  • edit |

Re: 打撃に応戦

> 打撃に応戦さん
 はじめまして。
 ご訪問とコメントありがとうございます。

 ぐぅの音も出ません。私の間違いです。
 申し訳ございません。総合デビューに訂正してもドン・フライ戦
 ですものね…。
 ただ間違いのままもアレなので少し変更はしますね。

 これに懲りずにまたご指摘ください。
  • 2010.01.02 22:17
  • URL |
  • ステファノ |
  • edit |

打撃に応戦

>しかし吉田はデビュー戦でも打撃に応戦して驚かしてくれましたからね。
吉田のデビュー戦(VSホイス・グレイシー、第一回Dynamite、
国立競技場)は、打撃無しのルールでした。
...うろ覚えで見てる人が多いものです。
格闘技に限らず、どんなものでも製作者側は、捏造が大好きなので、見る側はしっかりとしてなきゃいけないと思うのです。
見る側が適当だと、製作者は単純でいい加減な煽り映像を作ってきやがります。大ウソの報道を平気でやります。
  • 2010.01.02 21:16
  • URL |
  • 打撃に応戦 |
  • edit |

trackback

この記事のトラックバックURL

http://stefan9999.blog46.fc2.com/tb.php/541-12349087

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。