> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中
応援よろしくお願いします!
無料SEO対策・アクセスアップ

人気ブログランキングへ【トレミー】人気ブログランキング

blogram投票ボタンbnr.gif
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

>   野球ネタ

十年ひと昔とはよく言ったもんだ 

Number『エラーの数では分からない、2009年「本当のチーム守備力」』

十年ひと昔とはよく言ったもので三十路が近づくに連れて
10年前との比較が容易になっています。

10年前に思い出す10年前は幼いので記憶があいまいで
この10年後に思い出す10年前は社会人となってから20年なので
「20代の頃やったか30そこそこの頃やったか」と逆にあいまいに
なりそうな気がしています。


10年とは言いましたが私が今回ふと思ったのは10数年前です。
オリックスが強かった頃のことを思い浮かべていました。

で、冒頭のNumberの記事なのですが、近年ではOPSなど
これまでの打率や打点といった概念ではなく色々な数字が躍っています。

そのどれもが計算式を見ると単純なものなのですが、
これまで考えもしなかった発想なので見ると新鮮です。

今回の記事ではDERという指標で各チームの守備力を比較しています。
記事にも載っていますが、簡単に言うと

『フェアゾーンに飛んだ本塁打以外の打球のアウトにできた割合』です。

この数字でオリックスは最下位。
チームも最下位なので不思議でもなんでもないのですが、
イチロー、田口、谷らを擁して『12球団一の外野陣』と云わしめたことを
今の若い人達に言っても伝わらんのだろうな~、なんて思うと
「十年ひと昔やなぁ」と思ってしまうのです。

今ではその3人とも居ないオリックス。
でも居たとしても必ずしも『12球団一』を維持できていたか?と
言われれば疑問(特に谷が…)。

「だからなんやねん?」と問われると「いや、なんもないねんけどな」としか
言えない、とりとめの無い駄文ですが野球やもっと言えばスポーツに限らず
10年というスパンで成長や維持をするということの難しさを感じた数値でした。



良かったらクリックして頂けると幸いです。
人気ブログランキングへ
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い ランキング参加中
応援よろしくお願いします!
無料SEO対策・アクセスアップ

人気ブログランキングへ【トレミー】人気ブログランキング

blogram投票ボタンbnr.gif
  • 2009.12.27 13:40 
  • Comment : (0) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

comment

trackback

この記事のトラックバックURL

http://stefan9999.blog46.fc2.com/tb.php/516-b764120c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。