> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中
応援よろしくお願いします!
無料SEO対策・アクセスアップ

人気ブログランキングへ【トレミー】人気ブログランキング

blogram投票ボタンbnr.gif
  • --.--.-- --:-- 
  • Comment(-) |
  • Trackback(-) |
  • URL |

>   F1ネタ

F1GP2010 第9戦・ヨーロッパ-決勝- 

いや~、ヨーロッパGPとは思えない混乱っぷりでしたね!

かつて出たことの無かったセーフティカーも出て…って市街地だけに、これまで出なかったのが不思議なくらい?

それでは結果などを軽~くいってみます!


今回のポイントはスタートと、セーフティカー。

ポールスタートのベッテルは3番手から上がってきたハミルトンに、ぶつけられようが何だろうが譲らなかった。

これまではそれが『凶』と出て、沢山のポイントを落としてきましたが、今回はここが勝敗の分かれ目でしたね。


フロントローのウェバーはハミルトンを意識したライン取りが仇となり(?)ハミルトンはおろか、9番手まで順位を下げ、挙句の果てに早めのピットストップからの挽回を期した直後にロータスにヒット!

正直、私の目は9割方閉じていたのですが(笑)、眠気も吹っ飛ぶ大クラッシュ!

ベッテルとぶつかった時とはまたシチュエーションが違いますが、何も直線でぶつかることないのに…。

まぁ焦りだったり、ロータスの動きだったり、苛立つ要因はハタから見てても分からないではないですが…。

それにしても凄まじいクラッシュでした。マシンの腹が見えるほどの後方宙返り。

実際の映像を見たことはありませんが、ジル・ビルヌーブの漫画(ジル以外にもニキ・ラウダや第一期ホンダなど6話くらいで1冊になったやつです)を小学生の頃に読んだ記憶がよみがえりました。

今のF1は本当にスゴい。ウェバーは自力でマシンから出てきましたからね。


そんなこんなでセーフティカー。すんなりピットストップを終えた者と、タイミングを逸した者。

ベッテルとハミルトンが前者だったのに対して、フェラーリの2台は後者。

大勢はここで決しました。


そんな中、ベッテル、ハミルトン…の次に居たのはなんと可夢偉!

タイヤ交換をしていないとは言え、バトンの前の3位のポジションを得て快走!

ディフェンディングチャンピオン、かつ現在ランク2位のバトンをまたもや封じ込める走り。

終盤にタイヤ交換が必要な可夢偉をバトンがあえて追う必要が無かったのは間違いありませんが、可夢偉のタイヤマネジメント能力あっての作戦。

ラスト3周でソフトタイヤを履いた可夢偉は9位でコースへ。

ウキョーさんが言う様に私もあと1、2周引っ張ったら8位アロンソや7位ブエミも抜けたのでは?なんて思ってたら…

ラスト2周でアロンソを!ファイナルラップ最終コーナーでブエミを!見事にぶち抜いて7位フィニッシュ!

ビックリしましたね。耐えるところは耐えて、仕掛けるところは恐れず仕掛ける。可夢偉の良さが思っきし出たレースだったと思います。



これでランキングはハミルトン、バトン、ベッテル、ウェバー、アロンソの順に。

可夢偉はルノーの1台やトロロッソも交わして7ポイントで13位。

予選は今後も苦戦が予想されますが、この日の様な粘りの走りが見られればチャンスはまだまだありそうです。やはり完走が大事。

次戦はいよいよ10戦目。19戦で争われる今シーズンも折り返しをむかえます。

前半圧倒的に速かったレッドブルは意外にもマクラーレンの後塵を拝し、高い前評判そのままに開幕を制したフェラーリは3強と言うには…な感じ。

4強の一角であったはずのディフェンディングチャンピオン、メルセデスはニコなのかシューマッハなのかハッキリしない傾注ぶりでパッとせず。

片や意外な健闘を見せるルノー&クビサはまさに2兎を追うメルセデスのスキを突き、フェラーリの一角も食って更に評価を上げています。

王座の行方とともに、激しいランキング争いにも注目ですね!



応援クリックして頂けると幸いです。
人気ブログランキングへ
-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------
ランキング参加中
応援よろしくお願いします!
無料SEO対策・アクセスアップ

人気ブログランキングへ【トレミー】人気ブログランキング

blogram投票ボタンbnr.gif
  • 2010.06.28 08:04 
  • Comment : (4) |
  • Trackback : (0) |
  • URL |

comment

Re: No title

> まーさん
 あの時もアロンソでしたね~。

 何かを起こしてくれそうな予感を感じさせるんですよね。
 応援し甲斐があります!

 ただ、今のところ予選でQ3に行った時は決勝が・・・
 という具合に2日続けて好結果が出ないのが難点ですね。

 逆にそろった時にはすんごい結果が・・・
  • 2010.06.29 21:49
  • URL |
  • ステファノ |
  • edit |

Re: タイトルなし

> ags_osellaさん
 確かに予選次第ではこの結果は無かったかもですね。
 あきらめずしっかりとした作戦を練って、それを遂行した
 可夢偉の能力に感服です。

 逆にデ・ラ・ロサが後ろだったとしても、可夢偉じゃなきゃ
 この作戦は遂行できなかったんじゃないでしょうか。

 それは日本人贔屓かな?
  • 2010.06.29 21:44
  • URL |
  • ステファノ |
  • edit |

No title

agsさんが言われる通り、ウェバーと可夢偉がメインのレースでしたねー。
2戦連続Q1敗退で、もうダメかと思ってたんですけど、可夢偉は良いところでアピールポイントを持ってきますよね(笑)
タイヤのオイシイ所を使って、アロンソをオーバーテイク・・同じ事をカナダでやった日本人を思い出しますv-218

ほんと、こういうレースを毎回してほしいですよねー。
  • 2010.06.28 23:43
  • URL |
  • まー |
  • edit |

退屈になりそうなレースにスパイスを加えたのはウェバーとカムイでしたねー。

ウェバーは何もなくてホント良かったですよ。
あれ、まわりに他のマシンのいない2台の間での出来事だったから良かったですけど、前後にマシンが居たら…と思うとゾッとしますね。

カムイは持ってますねーw
ザウバーは作戦を別々にしてたようですが、グリッドがデ・ラ・ロサと逆だったらこういう結果にならなかったのかも知れませんからねぇ。
Q1落ちしたのが却って良かった?いや、良くは無いんですけど^^;

まぁ良いもの見せてもらいましたよ!
  • 2010.06.28 21:09
  • URL |
  • ags_osella |
  • edit |

trackback

この記事のトラックバックURL

http://stefan9999.blog46.fc2.com/tb.php/1006-4f5b7795

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。